宅外視聴設定ができない場合


宅外視聴設定(ポート開放)とは、宅外からインターネット経由でガラポンTV端末に接続するために必要な、ルーターの設定のことを指します。外出先でスマートフォンやPCなどからガラポンTVを利用するにはこの宅外視聴設定(ポート開放)が必要となります。

※当ページの内容に従って設定しても宅外視聴ができない方や面倒な設定を回避したい方向けに「ルーター越え支援機能」をご用意しております。
端末を購入済みの方は、お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。
端末をレンタル(プレミアムプラス)されている方は追加料金不要でご利用いただけますので、ぜひ、お試しください。

 

ガラポンTVのセットアップで宅外視聴設定がうまくできない場合、以下のことをご確認ください。

 

1.宅内ネットワーク機器の構成を確認する

1-1.マンションの共有インターネットにガラポンTVを接続している
1-2.WiMAXなどのモバイルインターネットにガラポンTVを接続している
1-3.プロバイダ、ケーブルテレビ会社などとプライベートIPアドレス契約している
1-4.プロバイダのセキュリティ機能プランを契約している
1-5.ルーターを2つ以上利用している
1-6.ルーターがUPnP対応機種かどうか
1-7.利用するポート番号を変更してみる

 

1の項目をご確認いただいても宅外視聴設定が有効にならない場合は、
ルーターに手動でのポート開放設定をして頂く必要がありますので「2」にお進みください。

 

2.ルーターに手動でポート開放の設定を行う

2-1.一旦セットアップの宅外視聴設定をスキップする
2-1.ポート開放自動設定を解除する
2-2.ガラポンTV端末のプライベートIPアドレスを固定化する
2-3.利用するポート番号を変更する
2-4.ルーターにポート開放設定を行う

 




 

1.宅内ネットワーク機器の構成を確認する






1-1.マンションの共有インターネットにガラポンTVを接続していないか

マンションの共有インターネット等をご利用の場合は、
各戸にプライベートIPアドレスしか割り振られていない場合があります。
もし、マンションの共有インターネット等をご利用の場合は、
マンションの管理会社様の方に、グローバルIPアドレスが割り振られているか、
割り振られていない場合は、オプションで割り振るプランがないかなどをご確認ください。

概念的には、プライベートIPアドレスは電話の内線番号、
グローバルIPアドレスは外線番号と同じで、
外からお繋ぎいただく場合は、各戸の外線番号が必要、
もしくは、外線の電話を内線番号に転送してもらうような設定がマンション側に必要ということになります。

※レオパレスの「レオネット」ではレオネット側の仕様により宅外視聴設定が不可。


マンションの共有インターネットで各戸にグローバルIPアドレスを割り振ることができない場合、「ルーター越え支援機能」をご利用ください。
端末を購入済みの方は、お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。
端末をレンタル(プレミアムプラス)されている方は追加料金不要でご利用いただけますので、ぜひ、お試しください。



 





1-2.WiMAXなどのモバイルインターネットにガラポンTVを接続している

WiMAXなどのモバイルインターネットをご利用の場合は、
WiMAX端末にグローバルIPアドレスが割り振られているかをご確認ください。
ガラポンTVを宅外からアクセス頂く場合は、グローバルIPアドレスが必要となります。
WiMAX会社様によっては、各WiMAX端末にプライベートIPアドレスしか
割り振られないこともございますので、WiMAX会社様にグローバルIPアドレスが
割り振られているか、割り振られていない場合は、
オプションで割り振るプランがないかなどをご確認ください。

例:UQWiMAX様では、グローバルIPアドレスの割当にはオプションプラン加入が
必要となっています。
http://www.uqwimax.jp/service/price/option07.html

 

Wimax会社の事情でグローバルIPアドレスを割り振ることができない場合、「ルーター越え支援機能」をご利用ください。
端末を購入済みの方は、お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。
端末をレンタル(プレミアムプラス)されている方は追加料金不要でご利用いただけますので、ぜひ、お試しください。





1-3.プロバイダ、ケーブルテレビ会社などとプライベートIPアドレス契約している

インターネットプロバイダやケーブルテレビ会社とのご契約で
プライベートIPアドレス契約をしていないかをご確認ください。
ガラポンTVを宅外からアクセス頂く場合は、グローバルIPアドレスが必要となります。
ご契約会社様によっては、各戸にプライベートIPアドレスしか
割り振られないこともございますので、ご契約会社様にグローバルIPアドレスが
割り振られているか、割り振られていない場合は、
オプションで割り振るプランがないかなどをご確認ください。

昨今、グローバルIPアドレスの枯渇問題により特にケーブルテレビ会社様では、
各戸にプライベートIPアドレスが割り振られているケースが多いです。

 
ケーブルテレビ会社の事情でグローバルIPアドレスを割り振ることができない場合、「ルーター越え支援機能」をご利用ください。
端末を購入済みの方は、お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。
端末をレンタル(プレミアムプラス)されている方は追加料金不要でご利用いただけますので、ぜひ、お試しください。





1-4.プロバイダのセキュリティ機能プランを契約している

インターネットプロバイダとのご契約で有害サイトブロックなどの
セキュリティ機能のプランをご契約の場合、セキュリティ機能が
ホームサーバー(ガラポンTV)の公開をブロックしている可能性があります。

弊社で確認しているケースでは、
「ぷらら」様の「ネットバリアベーシック」のプランに加入の場合、
「パケットフィルタ」レベルがONでブロックされることを確認しております。
この場合、「レベル(1)」を「レベル(0)=なし」にご変更ください。

どうしても宅外視聴ができない場合、「ルーター越え支援機能」をご利用ください。
端末を購入済みの方は、お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。
端末をレンタル(プレミアムプラス)されている方は追加料金不要でご利用いただけますので、ぜひ、お試しください。






1-5.ルーターを2つ以上利用している

ガラポンTV端末を設置している宅内でルーターが2つ以上利用している場合、
ルーターが多段構成になっている場合があります。
その場合、ルーター多段構成を回避することで問題が解決することがあります。


1-5A.ガラポンTVの接続の仕方を変更してみる


1-5B.2段目のルーターのモードを変更する

アンテナとの距離などでガラポンTVの接続の1-5Aのように構成を変えることが難しい場合、
ガラポンTVを接続している2段目のルーター(1-5Aの図で青色のルーター)の動作モードを
ルーターモードからブリッジモード(アクセスポイントモード)に変更いただくことで
問題が解決することがあります。

お使いのルーターの動作モードの変更については、ルーターの取扱説明書を御覧ください。

 





1-6.ルーターがUPnP対応機種かどうかを確認する

ガラポンTVの初期設定では「UPnP」という仕組みを使って、
ガラポンTV端末からルーターにポートを開放する命令を送っています。
そのため、ルーターがUPnPの非対応機種の場合、この仕組が利用できませんので、
ルーターに手動でのポート開放設定が必要となります。

また、ルーターの機種によっては初期値でUPnPの機能が「無効」になっている
こともありますので、ルーターの設定画面からUPnP機能を有効にご設定ください。

ルーターがUPnPの対応機種かどうか、UPnP機能を有効にする方法は、
ルーターの取扱説明書を御覧ください。

ルーターの機種によってはUPnP対応機種でも、
ガラポンTVからの命令を受け付けられない機種もあります。

 
ルーターがUPnP非対応で宅外視聴できない場合、「ルーター越え支援機能」をご利用ください。
端末を購入済みの方は、お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。
端末をレンタル(プレミアムプラス)されている方は追加料金不要でご利用いただけますので、ぜひ、お試しください。






1-7.利用するポート番号を変更してみる

UPnP対応機種なのに宅外視聴設定が有効にならない場合、
ポート番号を変更することで問題が解決することがあります。

ガラポンWEB(http://garapon.info/)にアクセスして、ご登録いただいたガラポンIDと
パスワードでログインします。

上部のメニューの「登録情報変更」をクリックし、ページ下部の

ガラポンTV端末アクセスポートを「50080」から「80」に、
TSデータ再生ポートを「59135」から「1935」に変更してください。

変更後、10分ほどお待ちいただいてから、再度宅外視聴設定を実行してください。

 

 





2.ルーターに手動でポート開放の設定を行う

上記1-1~1-7をチェックしてグローバルIPアドレスが自宅に割り振られているにも関わらず宅外視聴がOKとならない場合、ルーターに手動でポート開放の設定を行うことで宅外視聴可能となります。
ただし、こちらのルーターの設定は難易度が比較的高いので、ネットワークに詳しい方にお願いするか、出張サポート(有償7500円、TEL:0120-724685)のご利用を併せてご検討ください。
サポートはキューアンドエー株式会社にて行います。

 




2-1.一旦セットアップの宅外視聴設定をスキップする

初回時のセットアップの途中の方は、一旦「今はスキップする」ボタンを押して、
一旦セットアップを完了させて、次の手順に進んでください。

 




2-2.ポート開放自動設定を解除する

ガラポンTV端末のメニューの「各種設定」–「宅外視聴設定」の「ポート開放自動設定」を開き、
「ポート開放自動設定を解除する」ボタンが表示されている場合は、ボタンをクリックして解除してください。






2-3.ガラポンTV端末のプライベートIPアドレスを固定化する

ガラポンTV端末のプライベートIPがDHCP割り当てのままですと、
プライベートIPが変わるたびにポート設定を再設定しなければなりませんので、
ガラポンTV端末の「各種設定」–「ネットワーク設定」–「静的IPを設定する」より以下を設定します。

IPアドレス:DHCPの割り当て範囲外の任意のプライベートIPアドレス(※1を参考)
ネットマスク:255.255.255.0(お客様のネットワーク環境によって任意のものを)
ゲートウェイ:(ルーターのプライベートIPアドレス)
DNS:(ルーターのプライベートIPアドレス)

※1
例えば、DHCPの割り当ての開始IPアドレスが192.168.1.2 で、割り当て個数が100の場合は、
開始IPアドレスの「2」+割り当て個数「100」=「102」から
「255」までが割り当て範囲外となりますので、「192.168.1.105」などを割り振ります。
なお、足し算の結果255以上になる場合は、割り当て個数を減らしてください。
(開始IPアドレスが192.168.1.2 割り当て個数:253の場合は、割り当て個数を200に減らして、202から255の間でご設定ください)

 

ご利用のルーターの機種によっては、ルーターの設定画面でガラポンTV端末のプライベートIPアドレスを固定化できるものもございます。詳しくはルーターの取扱説明書を御覧ください。

 




2-4.利用するポート番号を変更する

ガラポンTVの初期値のポート番号では宅外からのアクセスにポート番号の変換が必要になりますが、ルーターの機種によっては、ポート番号の変換ができず、ポート転送(そのまま転送する)機能しかないものもありますので、利用するポート番号を変更してください。

ガラポンWEB(http://garapon.info/)にアクセスして、ご登録いただいたガラポンIDと
パスワードでログインします。

上部のメニューの「登録情報変更」をクリックし、ページ下部の

ガラポンTV端末アクセスポートを「50080」から「80」に、
TSデータ再生ポートを「59135」から「1935」に変更してください。

 

※ご自宅でWEBサーバなどを公開している方は、変更するとWEBサーバが利用できなくなることがありますので、その際はポート番号はそのままで、ルーターにポート変換の設定をしてください

 





2-5.ルーターにポート開放設定を行う


2-5A.ルーターが1つの場合

ルーターのポート開放設定は、ルーターの機種ごとによって異なります。

以下のページに弊社でお調べしたルーター毎の設定方法をまとめています。
http://garapon.tv/gtv3help/category/manual-rooter-config/

上記ページに載っていない機種の場合は、インターネット検索で「ルーターの機種名(お使いの型番) ポート開放」で検索してみてください。

ルーターへの設定内容は以下をご参考ください

<ガラポンTV端末アクセスポート>
・宛先IPアドレス:「2-3で割り当てしていただいたガラポンTV端末のIPアドレス」
・変換対象プロトコル:TCP
・宛先ポート:80
・変換対象ポート:80

<TSデータ再生ポート>
・宛先IPアドレス:「2-3で割り当てしていただいたガラポンTV端末のIPアドレス」
・変換対象プロトコル:TCP
・宛先ポート:1935
・変換対象ポート:1935

 


2-5B.ルーターが2つの場合

「1-5A」の変更前の構成のようにルーターモードのルーターが2段になっている場合は、
ルーター2つにポート開放の設定をして頂く必要があります。

■1段目のルーターの設定(ガラポンTVを接続しているルーター)
上記の「2-5A」の設定例と同じ設定をしてください。

■2段目のルーターの設定(1段目のルーターを接続しているルーター)

<ガラポンTV端末アクセスポート>
・宛先IPアドレス:2段目のルーターから見た1段目のルーターのIPアドレス
・変換対象プロトコル:TCP
・宛先ポート:80
・変換対象ポート:80

<TSデータ再生ポート>
・宛先IPアドレス:2段目のルーターから見た1段目のルーターのIPアドレス
・変換対象プロトコル:TCP
・宛先ポート:1935
・変換対象ポート:1935






※当ページの内容に従って設定しても宅外視聴ができない方や面倒な設定を回避したい方向けに「ルーター越え支援機能」をご用意しております。お試し1週間無料となっておりますので、ご利用の環境で宅外視聴が可能となるかどうかをお試しください。なおガラポンTV月額レンタル(プレミアムプラス)契約中の方は、ルーター越え支援機能を追加料金なしでご利用いただけます。


 

宅外視聴に関するお問い合わせについて

「宅外視聴ができない」に関してお問い合わせをいただく場合は、上記のご確認事項、設定方法をお試しの上、以下の内容をご明記ください。
・ガラポンTV端末のレジストリKEY
・ルーターの機種名
 インターネット接続に用いている全ての機器のメーカー名、機種名、型番
・宅内ネットワークの構成
 記入例:[インターネット]–[モデム]–[無線LANルータ]–[ガラポンTV]
・ご契約のインターネット回線業者、プロバイダ名
・上記手順のどこでどのように困っているか
お問い合わせフォーム

 

参考ヘルプ

Q.宅外視聴設定(ポート開放設定)とは何ですか?
Q.ルーター多段構成とは何ですか?
Q.UPnP対応ルーターとは何ですか?

ルーターの設定について